はじめての方へ

  • HOME
  • はじめての方へ
はじめての方へ

 長年ヨガのレッスンをしてきて感じるのは、ヨガとの関わり方や求めているものが人により異なり、その歩みが十人十色ということです。 健康のために楽しくやりたい、身体能力の向上(スポーツ・身体芸術…)、心身の落ち着きを得たい…etc  こうした様々な目的の皆さまが安心してヨガに取り組んで、快適に日々を過ごせたり、ご自分が深くしっくりくる生き方、本来の輝きに繋がっていくことができたらとても嬉しく思います。

 いまの自分の中にもともとある可能性・豊かさ・調和を各自が自分自身で感じ見い出していくことを大切にしていく… そんなスタイルでヨガをしている小さな寺子屋のようなスタジオ(Studio&School)です。

 人間の心身はその時々の状態によって変わります。それは自然の移ろいのようなものです。 また同じポーズをとっても、当然その人によってそれぞれの“状態”が生まれます。 いまの自分の心身に意識を向けてヨガを行っていくことでその可能性が深まり広がっていきます。 例えばそれは健康であったり、心身の柔軟性、心の深い落ち着き、体では筋肉が育まれたり、関節の可動域の広がりなど… 大切なのは、その人なりの歩みです。 どうぞご自分の心地よいペースで始めてください。


当スクールでは、ポーズ(アーサナ)や瞑想、呼吸法などで、健康・自然体を深めながら、体感・体得的に“自分”という生命との繋がりをクリアに深めていく… そんな‛場”でありたいと思っています。

体験レッスン

体験レッスン

ヨガをはじめる動機は「ヨガに興味がある」「健康になりたい」「やせたい」「自分と向き合いたい」など…
最初は“柔軟性をつけたい”目的ではじめたのに、続けるうちに以前よりも落ち着きある、寛容な自分に気が付いたり…きっと多くの皆さまが最初の動機を超えて自分の中にあるたくさんの豊かさを経験していくことができると思います。


スクールでは、“自分の心身の声”に耳を傾けてヨガをすることを大切にしています。それはきっと自分の“心身の調和”を深めていくベースになるからです。

入会する前に一度レッスンを受けてみたい方や、はじめてヨガをする皆さまに体験レッスンをご用意しています。 実際にヨガを肌で感じてもらいます。  通常はお一人様一回、予約制(定員あり)になりますので、下記のご予約手順をご覧の上、どうぞご利用ください。(※レッスンのご視察などはスタッフにご相談ください。)

体験レッスン料

●通常クラス:1回 2,160円(税込)
●深堀クラス:1回 3,240円(税込)

【対象クラス】
ブリーズィングヨガ、体幹ヨガ、ハタヨガフロー、瞑想倶楽部、やさしいヨガ…など

もう1度体験レッスンを受講したい場合は、チケットをご購入して受講できます。
●チケット:1枚 3,240円(税込)

お申し込みはこちら

■体験レッスンのお申し込みはお問い合わせフォームからが便利です。 ⇒ こちらからどうぞ

■下記からでもお申し込みできます
 電話からのお申し込み ⇒  03-3365-3203
 メールからのお申し込み ⇒m-breath@iris.dti.ne.jp

①~③をお伝えください
 ①お名前
 ②ご連絡先(携帯、電話番号など)
 ③体験ご希望のクラス(クラス名と日時)

 
Monday

Tuesday

Wednesday

Thursday

Friday

Saturday

Sunday
午前   Breathing Yoga
ブリーズィングヨガ
10:30~12:00
Breathing Yoga
ブリーズィングヨガ
10:30~12:00
  Breathing Yoga
ブリーズィングヨガ
10:30~12:00
体幹ヨガ(月2回)
ブリーズィングヨガ(月2回)
10:30~12:00
※内容変更あり
指導者養成講座
10:40~
午後1   やさしいヨガ
12:45~13:30
Breathing Yoga
ブリーズィングヨガ
13:00~14:30
    Yoga for release
13:00~14:00
指導者養成講座
~14:30
午後2           Breathing Yoga
ブリーズィングヨガ
15:00~16:30
※内容変更あり
Breathing Yoga
ブリーズィングヨガ
15:00~16:30
※内容変更あり
夜1 ハタヨガフロー
19:00~20:30
Breathing Yoga
ブリーズィングヨガ
18:00~19:30
ボディケアヨガ
18:00~19:30
Basic Yoga
ベーシックヨガ
19:00~20:30
Breathing Yoga
ブリーズィングヨガ
19:00~20:30
   
夜2         瞑想倶楽部
(第2・第4週のみ)
20:45~21:30
   

当日ご用意していただくもの

●動きやすい服装 (ウェア上下)
●ハンドタオル (汗ふき用)
●体験料

※ヨガマットはこちらで用意いたします(体験料に含)

資料のご請求について

皆さまにご提示できるスクール情報はホームページに載せてあります。
基本的に資料のご請求を受付けしておりません。
資料をお仕事などで必要な場合は、スタッフまでお申し付けください。

入会方法

入会方法

入会は随時承っております。
入会申込書に必要事項をご記入していただきます。

●更新料はありません
●会員カードを紛失された場合は、再発行手数料として1,080円(税込)が、別途かかります。

Yoga ばなし

ヨーガの源

ヨーガの源

 太古の昔より人間は自らの心や体を見つめて生きてきました。 現代よりも自然との繋がりが深く、その移ろいを、直接いのちの感覚でとらえながら生活してきたことが古代の遺跡や、現在も自然とともに生きている人々から感じることができます。 空や風の流れ、海や川、山や草原、動物や植物などの生物、岩や巨石、宇宙や星々…など、こうした自然環境の中で生きている状態では、より繊細な感覚や観察能力を肌感覚のように感じていたのかもしれません。


 このような自然の中で生きていく経験や自分の心や体を理解していく為の自力の模索は多くの発見に繋がり、自分の生命の豊かさ(自己の存在やすでにその中にある貴重な潜在的な能力など)に気付き、さらに育んでいったものと思われます。 こうした人間の暮らしや、自己を模索していく姿勢、根源的な感覚は、私たちが地球で生きる上でのベースとなるもので、そうした流れがいわゆる“ヨーガ”にも繋がっていったものと推察されます。
 私たちがヨーガをする時も、この姿勢や感覚を頼りにできれば、きっと自分の中の豊かさに気づき、繋がっていけるのでしょう。 “自分の心身に直接意識を向けてその声に耳を傾ける”こうした人間のあり方そのものを“ヨーガ”と表現しています。

古代文明に見るヨーガ(Yoga、ヨガ、瑜伽)

古代文明に見るヨーガ(Yoga、ヨガ、瑜伽)
インダス文明
(写真はモヘンジョ・ダロ「死者の丘」)

紀元前2600年~紀元前1800年ごろに栄えた世界四大文明のひとつインダス文明の都市遺跡のモヘンジョ・ダロから坐を組んで瞑想をしているような坐像の印章が見つかっております。(年代は諸説あり) このインダス文明は現在のパキスタン、インド、アフガニスタンを流れるインダス川とガッガル・ハークラー川(古代にインダス川と並行して流れていたとされる現在は流れていない川)の周辺に栄えました。 この文明の都市遺跡としてハラッパ―やモヘンジョ・ダロは特に有名ですが、1990年代にもドーラビーラ―という遺跡が見つかっています。 これらの遺跡はしっかりとした設計のもとにつくられていて沐浴場や下水などの水処理施設も見られます。 そして現在でも解読不能とされるインダス文字も大きな特徴のひとつです。 この文明は謎が多く、その衰退・滅亡の直接的な原因もよくわかっておらず、諸説があげられています。


※ガッガル・ハークラー川はリグ・ベーダの中に出てくるサラスヴァティーではないかとの見方が強いです。 この川跡の周辺からは遺跡がよく見つかっています。

インダス文明を代表する都市国家の分布(※ピンクの囲い 大まかな位置)
インダス文明を代表する都市国家の分布(※ピンクの囲い 大まかな位置)

チグリス川とユーフラテス川の周辺で栄えたメソポタミア文明(現イラクの一部)からもインダス文字の書かれた印章が発見されていることから、インダス文明とメソポタミア文明の交流があったとも言われています。

写真の中央は1~3世紀ごろに栄えたクシャーナ朝の仏塔(モヘンジョ・ダロの遺跡の後方にそびえる)
写真の中央は1~3世紀ごろに栄えたクシャーナ朝の仏塔
(モヘンジョ・ダロの遺跡の後方にそびえる)

古代文献にみるヨーガ

「ヨーガ」という言葉が出てきたのは紀元前800年~紀元前500年ごろにサンスクリットで書かれた古ウパニシャッドのひとつ『タイッティリーヤ・ウパニシャッド』という書物になります。 また紀元前350年~紀元前300年ごろに書かれた『カタ・ウパニシャッド(カータカ・ウパニシャッド)』の中では、ヨーガをする人を馬車に例えて、『跳びはねる馬のような自分の心に軛くびきや手綱をつけて制御する』という表現で心の統一についての説明が書かれています。

古代文献にみるヨーガ

ヨーガはサンスクリット語の“yuj(結びつけること)”に由来する語で、英語の“yoke(軛くびき)”も同じ語源と考えられています。 ちなみに“ウパニシャッド”とは200以上ある書物の総称で、“奥義書”として訳されていますが、語源としては“近くに座す”という意味合いになります。 ウパニシャッドができた時期は書物によって紀元前800年ごろ~紀元後1500年代までと幅広く、その大きな特徴のひとつに『梵我一如 ぼんがいちにょ』という思想があります。 これは宇宙の普遍的な原理法則(梵、ブラフマン、宇宙我)と個人の原理法則(我、アートマン、個人我)の根本からの一致を説いたものです。
そしてこの思想をさらに洗練し発展させたものが、8世紀にシャンカラによって説かれた梵(ブラフマン、宇宙我)のみが存在するという『不二一元論(ふにいちげんろん)』になります。

ヨーガ・スートラ(瑜伽経)

2~4(6)世紀ごろにはパタンジャリという人物によって『ヨーガ・スートラ』というヨーガの実践方法が編纂されますが、パタンジャリ1人の仕事というよりは、ヨーガを実践した先人達の遺した情報を複数の人が引き継ぎながら纏(まと)めていったという見解もあります。  “スートラ”は“糸”を意味していて、いくつもの詩のような長さの文章を糸を紡ぐようにして連ねまとめたものになります。 この経典は4章からなり、ヨーガを「心の働きを抑制すること」としてその目的を定義づけし、「八階梯のヨーガ」が大きな特徴としてあげられます。

ヨーガ・スートラ

第1章(51節) ヨーガの定義づけ など
第2章(55節) 禁戒、勧戒、アーサナ(坐り方)、プラーナーヤーマ(調息)、制感 など
第3章(55節) 凝念、静慮、三昧 など
第4章(34節) その他

八支則(八階梯)

1 ヤマ
禁戒 きんかい
やってはいけない戒め。非暴力・嘘をつかない・不盗・貪るな禁欲(性的に淫らになるな)
2 ニヤマ
勧戒  かんかい
すすんでしたいこと。道徳など
清浄・知足(足るを知る)・苦行・読誦・自在神祈念
3 アーサナ
坐法 ざほう
坐り方※ここのアーサナは現代のヨガのようなポーズィングをさしていない
4 プラーナーヤーマ
調息 ちょうそく
呼吸によるプラーナ(気)の摂取法(呼吸法)
5 プラティヤーハーラ
制感 せいかん
特定の対象に意識を向ける前に、いちど自分に意識を戻す
6 ダーラナー
凝念  ぎょうねん
特定の対象に意識を繋げる。瞑想の状態
7 ディヤーナ (ディヤーン)
観想 かんそう
静慮 じょうりょ
特定の対象に意識が繋がって展開している状態。
瞑想の状態。「禅」の音写
8 サマーディ
三昧 ざんまい
意識がこれまで客体化していた対象そのものになる
(一体化、対象そのものを映す)

『ヨーガ・スートラ』はヨーガ学派の根本経典で、この学派はヨーガを実践することで心身を統一して解脱することを目的にしていました。  またヨーガ・スートラをベースにした系統は『ラージャ・ヨーガ』と呼ばれ、研究者からは『古典ヨーガ』とされています。

丹田って?

丹田って?

 丹田は古くから生命エネルギーの宿る重要な場所とされてきました。 日本では江戸時代中ごろに白隠禅師が、この丹田を意識した呼吸で自らの病を治療し、その方法を弟子たちに伝えたことで有名です。

丹田の具体的な位置は「へそ下3寸奥」という場所にあり、へそ下約9㎝前後(1寸=約3cm)奥になります。

人によって体格差などがあるので、丹田の位置(へそから何cm)も微妙に異なります。

●丹田の見つけ方
へそから指5本分くらい下の体の奥(仙骨の前あたりが目安)
 
片手の指を揃えて、親指をおへそに当て、小指の位置でその奥、体のまん中辺りが丹田です。
体の奥で見えない場所にあるため、ゾーンとしてイメージしてその感覚をとらえましょう。

※深堀ヨガスクールではこのPointをとても大切にしながらレッスンを行っております。